Column (2月) 


TOP
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月  6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 

2023.2.01 欲しかったLEDキャンドル Get!

6年くらい前だったか、本物のキャンドルのようなLED照明が売り出されているのを東急ハンズで見た。 太めのローソク形で、雫形の薄いプラ板の「火」にオレンジの光を当て、その灯芯がランダムにユラユラ揺れる、ただそれだけのもの。 なのにずっと見ていられるほど癒し効果を感じるアイテム。 当時、とても欲しかったんだけど、ただの照明器具に5000円は高いなと思って断念した。 先月中旬にネットを見ていたら、同じ仕様のものがニトリから1090円で売られているのを発見。 この値段なら大満足だと思い、すぐ翌日にニトリに行って買ってきた。 本当に明るさや動きが絶妙で、たまに本当の火と錯覚してしまうくらいだ。 ただ、1つだけ気になるところは、炎の揺れがちょっと大き過ぎるところ。 だから炎のプラ板の裏に両面テープを丸めた重りを張り付けて負荷をかけている。 ところで、カメの水槽を掃除する時に単3電池式の給油ポンプで水を抜き、新しい水に替えているんだけど、使い古した単3電池が大量に溜っていた。 液体を吸い上げたり何かを動かしたり、熱を発生させたりするのには使えない古い電池も、LEDを発光させるくらいには充分なんじゃないか?と、溜っていた古電池を使ってみた。 実験的に電源をONにしたままにしておいたら、約1週間使える事を知った。 1年間分くらいあるからLEDキャンドル用には電池を買わなくて良さそうだ。