▲過去の作品

「女にも意地と誇りはあるんじゃー!」  戸田恵梨香

NHK朝のテレビ小説・101作目『スカーレット』の主人公・川原喜美子を演じている。 戸田恵梨香と聞いて思い浮かぶ作品ってなんだろう?  『デスノート』の弥海砂?  『コードブルー』シリーズ?  左手を三角巾で吊っていた『SPEC』?   ムロツヨシとのラブストーリー『大恋愛〜僕を忘れる君と』?  生田斗真を追いかけて、ずっと走っていた印象の映画『予告犯』?  結構たくさんの主演作があるのに、印象が薄いのは何故だろう?  クセのない演技で安定感がある分、強烈なインパクトには欠けるのかも知れないな。 そういう意味では朝ドラのヒロインっていうのは合っているかもね。 この朝ドラ、始めの頃は15歳から演じなくてはならず、ご飯を毎食1合半食べて5kg体重を増やして臨んだという。 似顔絵を描く上で、ポーズはポスターのようにした。 でも衣装は赤のままだと、小物を含めて赤だらけになってしまい、いくらスカーレット(=緋色)でもそれは面白味がないと思い、オレンジのブラウスと青のズボンに変え、絵付け火鉢も焼き上げる前の桃色にしました。
2019.12.01

「2019今年の顔」  横浜流星

今年、活躍した人物を選ぶ『日経トレンディ』の「2019今年の顔」の男性部門を受賞したのが横浜流星。 (ちなみに女性部門は中条あやみ)  そう言えばメディアの露出が増えた1年だった気がする。 ピンクのヘアで深田恭子との切ない恋愛を演じたドラマ『初めて恋をした日に読む話』あたりから知名度が上がり始め、『あなたの番です〜反撃編〜』で決定的な存在になった。 志尊淳と共演していた戦隊もの『列車戦隊トッキュウジャー』は観ていないけど、ぼくは1年半くらい前の深夜ドラマ『兄友』『彼氏をローンで買いました』で名前を知った。 方や純情な高校生役で、方や借金が返せずネットオークションされるチャラい男役だった。 ここまで短期間で名声を得るとは正直思っていなかったな。 まさに「無敵ピンク」の力だね。 極真空手で優勝経験があり、見事なキックポーズを見せている「Y!mobile」のCMから似顔絵を描いてみました。 トッキュウ4号を添えて。
2019.12.01

▲TOP