■北三陸鉄道のアイドル 足立ユイ■  橋本 愛

映画『告白』で彼女のことを知った。 他の生徒役の誰よりも存在感があった。 『あまちゃん』後半の「東京編」での足立ユイ(彼女の役名)ちゃんは、家庭の事情で東京行きを諦め、夢を失い荒んでいく。 笑顔がほとんど無い演技が多かった。 元々あんまり橋本愛には、元気な笑顔の印象はなく、ちょっと怒っている感じか、無表情に傍観しているイメージが彼女らしい気がする。 だから似顔絵で「潮騒のメモリーズ」の衣装で描こうと決めた時、表情には悩んだ悩んだ。 髪型のシルエットが特徴的なロングボブ。 目と眉毛の距離が短く、目と目の間隔も狭い。 切れ長のつり目で瞳がやや小さいからクールな印象。 そんな彼女のイメージも『あまちゃん』出演で、ちょっとだけ明るい部分が認知された気がするな。
2013.9.02

■「ミズタク」こと水口琢磨■  松田龍平

気だるい感じの変わり者キャラのイメージが強かった彼。 映画『まほろ駅前便利軒』やドラマ『まほろ駅前番外地』『船を編む』など、体温が低いキャラの印象が焼き付いているからかも知れない。 でも『あまちゃん』の彼は(特に後半の「東京編」からは)、アキやGMTのメンバーを励ましたりサポートしたり、頼もしい存在を好演している。 ちょっとだけ熱いキャラでした。 彼の役の渾名の「ミズタク」は、「キムタク」を意識しての水口琢磨なんじゃないかな?   天野アキのマネージャーとして、アキと付き合っている種市先輩に釘を指すシーンで、「一般男性…一般男性(いっぱ〜んだ〜んせい) …ルパン三世(るぱ〜んさ〜んせい)」とルパンの口調で迫っていたのが可笑しかった。 彼の顔の特徴は、父親の松田優作より母親の松田美由紀似の丸い輪郭。 濃い眉毛に円らな目(ちょっと寄り目がち)。 小さめの鼻に小さめの口。 唇も薄い感じ。 ミズタクとして描く際は丸メガネとヒゲは必須。
2013.9.02