Column (5月) 


TOP
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月

2015.5.26 歌に関して思うこと

高校時代に浜田省吾にハマって、よくコンサートに行ったのが懐かしい。 10年ぶりに浜省が新アルバム『旅するソングライター』を発表した。 CDはまだ買ってないんだけど、You Tubeで映像付きの歌を聴いたら、相変わらずの魅力的な独特な声に感動した。 浜省のような歌い方は天性の声質で、真似のしようがない。 他にも好きな歌い方がある。 喉を開いてのびのびと歌いあげる歌唱力に憧れるのだ。 フレディー・マーキュリーの喉全開で歌いあげるのにも憧れる。 歌の世界には「Sing like talking」という言葉があるけど、気負いを無くして「話すように語るように歌う」のが良いという考え方がある。 それを初めて感じたのが尾崎紀世彦だった。 代表作の『また逢う日まで』のサビは絶唱なんだけど、前半部分は囁くような静かなスタート。 それが語りかけるようで気持ち良いことに気付いたのは、結構経ってからのことだった。 彼が英語で歌う『マイ・ウェイ』の出だしも、語るような入り方で気持ち良い。 あんな風に歌えるようになれたら良いんだけどな。

2015.5.22 「ものまね」と「似顔絵」

似顔絵の参考にと「ものまね番組」は、なるべく見るようにしている。 対象の人物の、どの部分を切り取って表現するかが参考になるのだ。 役者がよく「役作り」と言うけど、役作りって何だ?と思ったことがある。 新人俳優は、セリフや動作を演じることで精一杯で、自分らしさを出せないことが多い。 場数を踏んで慣れてきたくらいから、その人らしい表現が出てくる。 ものまね芸人は、そんな部分を敏感に捉えて、誇張して「その人らしさ」を表現しているのだ。 ものまね芸人のホリがこんなことを言っている。 「似ている部分を探すより、似てない部分を減らしていく方が近道になる」 帽子やメガネなどで似てない部分を少なくすることらしい。 なるほど。 「その人らしさ」とは、ものまね芸人がチョイスする、その人独特のある一瞬。 それはセリフの言い回しであり、仕草だったり癖だったり。 「らしさ」って、ものまね芸人にとっても似顔絵師にとっても永遠のテーマなんだな。

2015.5.18 家庭教師のトライさんにだけに影色がある

宮崎アニメ『アルプスの少女ハイジ』を使ったCMの「家庭教師のトライさん」。 ハイジのシーンは過去の映像から探してきて、それにトライさんを合成しているんだろう。 ハイジやペーターやおじいさんたちオリジナルの人物キャラクターには影色がない。 肌色や洋服などが単色で仕上がっている。 新しく描き足したトライさんだけ、ベースの色に少し濃い影色が使われている。 あれはトライさんに注目させるための、敢えての演出なんだろうか?

2015.5.13 HPの余命1年宣告

ケーブルTV+インターネット+電話のセットで契約していた「JCN」が、「JCOM」に変更になった。 詳しいことは分からないけど、新しいシステムになるようで、メールアドレスを変えるようにガイドが送られてきた。 @マーク以下の文字が変わるらしい。 それは良いとしよう。 でも許せないのは、ホームページ自体が廃止になるということ。 メアドの変更をしてから、HPについて気になったのでJCOMに電話すると、ホームページのサービスは無くなるようなのだ。 そもそもケーブルTVの契約をしたのは「HPが使えてケーブルTVも見られる」ということで@nifftyから移ってきたのに、HPが使えなくなるなんて詐欺だ。 「今後は、ご自身でプロバイダーと契約していただいて…」というけど、新たな料金の追加はキツイし、何より無責任な会社の方針に頭にくる。 新たなプロバイダーと契約したはいいけど、その後にJCOM側でもホームページサービス復活なんてこともあり得る話。 2016.5.31までは今のHPを使えるらしいので、ギリギリまで待ってみようと思っている。 てなわけで、このHPの余命は、あと1年ってことになります。

2015.5.07 尋ねるからには最後まで聞いてよ!

東京ソラマチの似顔絵現場は、押上駅側のビルの4階・東武百貨店の奥にある。 奥まった場所にあるので、定期的に看板を持って人通りの多い場所で客引きをしている。 必ず訊かれることが「スカイツリーのチケット売場は何処ですか?」ということ。 チケット売場は同じ4階にあるんだけど、案内表示が確かに分かりづらい。 いつも「この通りをまっすぐ行って、突き当たりを右に行き一旦中庭に出ます。するとスカイツリーが見えますので、その根元辺りにあります」と説明する。 でも時々、お客さんの方から尋ねてきたにもかかわらず、「この通りをまっすぐ行って」のくだりでもう進み出し、どんどん行ってしまう人が結構いる。 最後の方は「スカイツリーの根元辺りです!!」と叫ぶことになる。 人にものを尋ねたのなら最後まで聞いてから動いてよ。 勝手に動いて更に分からなくなり、イライラが増しても知らないぞ。 と思うことが多いです。

2015.5.01 目撃!パトレイバーの搬送

昨日のソラマチ営業を終えての帰り道、言問通りで大きなトラックというかトレーラーというか、荷台にロボットを積んだ車を見かけた。 少し前を歩く子供とママが「あ!ロボット!!」という声に、その方向を見て気付いた。 荷台に仰向けに寝たそれは、全体が白っぽかったので、最初はガンダムかと思った。 でもガンダムにしてはサイズがちょっと小さい。 ロボットの足の裏に「パトレイバー 首都決戦」と書かれていた。 よそ見運転をしないように配慮してか、スピーカーで「パトレイバーの搬送中です」「交通ルールを守ってください」とアナウンスしながら走って行くトレーラー。 試写会のイベントに向かう途中だったのかも知れない。 トレーラーには「KC庁」「特2」など書かれていたから、映画の美術の車両だったのかも知れない。 咄嗟に写真を撮ったけど、夜だったのでブレブレになってしまった。