Column (12月) 


TOP
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2014.12.30 昨日の朝から風邪気味に…

明日の大晦日、明後日の元日の似顔絵営業を控えて、危惧していた風邪をひいてしまった。 ここにきて風邪をこじらせるとヤバい。 年賀状のイラストは仕上がっているんだけど、レイアウトしてプリントしなければならない。  HPの更新の似顔絵はできているんだけど、文章がまだできていない。 キッチン周りの掃除は昨日終えた。 カメの水槽の掃除、トイレ&風呂場の掃除など、普段あまりやってない場所の掃除もしなければと思いながら、体がダルくて、なかなか動き出すことができない。 無理をして風邪が悪化するのが一番怖い。(am11:00)
昼過ぎにしぶしぶ動き出して、掃除関係はなんとか終えたけど、年賀状とHPの更新はできなかった。(pm4:00)  頭がまだボォーッとしているけど、明日までに治るかな?

2014.12.25 クリスマス・イブの東京ソラマチ

昨日のクリスマス・イブは東京ソラマチでの仕事。 ソラマチの現場(東武百貨店内)は、4階の押上側の一番端にあり、人通りの多いメインストリートからは奥まったところにあるので、あまり目立たない環境。 昨日は天気も良く、気温も暖かかったので展望台に行くのは好ましい日。 昼間のスカイツリー展望台受付も、休日ほどの混雑もなくスムーズな感じ。 しかもクリスマス期間中、夜には4階の中庭でプロジェクション・マッピングのイベントもある為、お客さんの流れが逆方向に流れて、日中は暇な時間が長かった。 終了時間の19:00まで、あと1時間くらいの時、1組のお客さん(2人)が「写真の人を加えて3人で描いて欲しい」と言う。 写真からのオプション料金を説明したら、「一旦、考えます」となった。 そこで「今日はクリスマスだからサービスしますよ」とオプション代をカットしてあげた。 そのお客さんを描いていたら、別のカップルが看板の前に立っている。 終了時間が近かったので「申し訳ありません。今描いているお客さんで最後です」とお断りした。 その後、別のカップルの男性(カメラを首から下げていた)が「もう、お願いできませんか?」と来たけど、これも丁寧にお断りした。 10分くらい経った頃だろうか、さっきのカメラの男性が「この近くで他に似顔絵は無いでしょうか?」と神妙に尋ねてきた。 「近くだと浅草ですね」とお店を教えてあげた。 彼女と一緒に似顔絵を、どうしても描きたかったんだろうな。 せっかくのクリスマスなんだから、遅くなっても描いてあげればよかったかな?と、今でも少し後悔しています。

2014.12.17 音声翻訳アプリは楽しい

携帯タブレットに色々アプリをインストールしたけど、結構遊べるのが「音声翻訳ソフト」だ。 英語だけでなく、いろんな国の言葉に翻訳して音声出力してくれるので、発音の勉強になる。 英語、韓国語、中国語、フランス語、イタリア語、タイ語などに興味があるし、似顔絵の現場で外国人が来た時に重宝しそう。 ただ、音声認識の精度や発音の間違いによる誤訳もあるので、完全に頼ることは難しそうだ。 長文の翻訳は正確に変換してくれないこともあるけど、それでも短いセンテンスなら精度は上がる。 ただ英語はイギリス英語なので、アメリカ英語だと翻訳が微妙に違うこともありそう。 それと話し言葉より「です」「ます」のような話し方の方が、正しい翻訳になるみたいだ。

2014.12.12 「食」への不安

中国の「毒入り餃子騒動」の時は、工場の従業員の犯行だったし、マクドナルドのチキンナゲットの食材の扱いが不衛生だった問題も、経営者の利益重視や従業員の低モラルがあった。 日本の加工食品での衛生上に不安になる問題が起こるとは思わなかった。 ペヤングのカップ焼きそばにゴキブリが混入していた件は問題だけど、どんなに注意していても「完璧」は有り得ないからこそ、対応の早さが重要だ。 ただ、同時期に他の冷凍食品(日清)でも同じことが起こったのは、食品業界にとって大きなダメージだったんじゃないかな。 衛生問題だけでなく、価格の上昇も消費者にとっては気になること。 吉野家の牛丼(並)\300だったものが、アメリカの干ばつなどの影響で牛肉の値段が上がり、\380に値上げとなるらしい。 低価格の優等生だった「もやし」が、経費の高騰でとうとう値上げになるという。 「食」の不安が止まらない。 これは何か「食」への警告なのかも知れない。 

2014.12.04 ブロッコリーの茹で加減

ブロッコリーの茹で加減って微妙で難しいですよね。 茎の部分が柔らかくなるまで茹でると、葉の部分がどろどろになってしまう。 昨日、業務スーパーに行ったら、普通のスーパーで売っているものの倍くらいのサイズが、2個で100円だったので衝動買いしてしまった。 いつもは葉の部分を小房に分けて鍋に入れ、ひたひたの水で茹でるんだけど、今回「クックパッド」で調べてみた。 少量の塩と水で茹でる方法、水に油を入れて色を鮮やかにする方法、少量の水で蒸し煮する方法などが出てきたけど、どれも「微調整」は感覚任せのようだ。 それぞれの方法のポイントをチョイスして試してみた。 1つの鍋に全部入りきらなかったので、葉の部分と茎の部分を別々の鍋で、葉の方は蒸し煮の方法で、茎の方はひたひたの水で茹でた。 茹で時間は葉の方が中火で3分、茎の方が中火で5分。 ザルにあけて冷めたら冷蔵庫へ。 「クックパッド」の方法って、みんなが試してみたコツなので頼りになるね。

2014.12.02 ぼくはお客さんに恋をする

似顔絵を上手く描くコツは、対象の人物を好きになること。 絵の題材は鉄道でも動物でもなんでもそうだけど、嫌いなものを描くより好きなものを描く方が断然、集中力が高まってくるもの。 似顔絵の現場では、ぼくはお客さんとなるべく会話します。 1つには、お客さんの色々な表情を見せてもらって、その人「らしい」特徴を探すため。 1つには、手が遅いのでお客さんを飽きさせないため。 人間は不思議なもので、興味を持って会話していると相手のことを好ましく感じてくるもの。 その上、好みのタイプの女性のお客さんの場合、恋に落ちている状態で筆を走らせています。 長い時は1週間くらいその状態が続いたりします。 プチ恋状態で描いた似顔絵は、納得のいく出来上がりの絵になることが多いようです。