Column (10月) 


TOP
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月

2014.10.27 モチベーションがダダ下がり

昨日は、2年前に買った合成皮革のダウンベストを着て似顔絵現場に行った。 白のパーカーの上に着たボルドー色のダウンベストの表面が劣化していて、ぼろぼろ剥がれてきていた。 仕事中は気付かなかったけど、夕方にトイレの鏡で気がついて確認したら、白のパーカーの襟元や袖口あたりに色移りしていた。 「ゲッ、なんてこった!」 パーカーに色移りするは、ベストの表面は剥がれ落ちてみすぼらしい状態だしで、ちょっと恥ずかしい感じ。 昨日は暑かったのに、ニットキャップを被って行ってしまった。 池袋から東武線の高坂駅まで、土日休日専用の回数券を買っている。 正規の値段は¥650のところ、¥6500で14枚買える回数券。 昨日の暑さから帰り道の途中、キャップを取って髪を掻きむしった。 駅に着いて回数券を出そうとしたが見当たらない。 ニットキャップに挿んでいたことを忘れていた。 帰り道は暗い道だったので、どこで落としたか分らないし、引き返してさがす気にもなれず、回数券1枚分(¥464)を諦めた。 売り上げも悪かったのに、泣きっ面に蜂のような仕打ちですよ。 

2014.10.23 「G・馬場、○人分」という表記

写真で物の大きさを伝える時、よく比較に使われるのがタバコのパッケージ。 ぼくが小さい頃はハイライトが主流だったけど、それが何時しかマイルドセブンに変わり、今ではタバコのパッケージは比較に使われることが少なくなった気がする。 今はケータイやスマホなのかな?  キティちゃんの身長はリンゴ5個分で体重がリンゴ3個分。 ちなみにキティちゃんのフルネームはキティ・ホワイト。 広大な敷地などの場合は、だいたい東京ドーム○個分で表すことが多い。 比較に使われるものは、ポピュラーで馴染みが深いものになる。 先日、友人から30年くらい前の「CMナウ」バックナンバーを譲ってもらった。 その中に「昔、ゴジラの大きさを表すのに『戦車○台分、ジャイアント馬場○人分』という表現があった」という記事があった。 デッカイものの象徴がジャイアント馬場だった時代なんだね。

2014.10.14 イメージ効果

ラブストーリーの1シーンで、抱擁とかキスとかの時、着ている衣装や髪型のイメージって、かなりの影響力があると思う。 例えば、全く同じ設定である時に、抱擁する2人のコスチュームが、学生服とセーラー服だったら、甘酸っぱい青春のイメージになるだろう。 でもそれが、スーツとOLの制服だったら、なんとなく不倫の匂いが漂ってくる。 ヘアスタイルやヘアカラーもイメージ効果には大きく影響する。 男性の七三とボサボサ髪、黒髪と茶髪・金髪はそれだけで性格や職業を感じさせてくれる。 女性の髪型・髪色は男性よりスタイルが豊富なので、よりイメージが伝えやすい。 帽子もイメージ効果には有効だと思う。(最近、誰も彼もがニットキャップを被っていて、流行に引っ張られ過ぎな気がする) ぼくが似顔絵の現場で帽子を被るようになったのは3年前くらいからで、少しでもイメージを柔らかく明るくするため。 いろいろな帽子を試して、イメージを模索しています。

2014.10.08 進化は、ある日突然に

5日の日曜日、ケータイのカメラがいきなり使えなくなった。 他の機能はなんともないのに、カメラだけ立ち上がらない。 似顔絵の現場では3人以上を描く場合、小さな子供が我慢できなくなる前に、下描きが終わった段階で写真を撮らせてもらい、お客さんがショッピングや食事をしている間に、写真を見て色塗りをするようにしている。 いざ写真を撮ろうとしたら、何度やってもカメラのスタンバイができない。 仕方なく一緒にいた隣の画家さんにタブレットを借りて撮影。 カメラがないと支障があるので、月曜日にdocomoショップに行った。 当初は同じような機種に有料で交換してもらうつもりで、契約が成立した。 ところが話の流れで、「LINEをやっているならタブレットはどうですか?」と担当者。 キャンペーン期間中で「AQUOS PAD」の端末代が0円だと言う。 決め手は1310万画素のカメラと大きな画面。 ぼくの利用状況からすると、月々2000円くらいのアップだそうで、結局契約が成立していたケータイの交換をキャンセルして、タブレットを契約した。 進化ってのは徐々にではなく、ある日突然起こるものだ。

2014.10.06 ポリシー規制緩和

似顔絵は、歩いているお客さんの目に止まって、注目されなければ始まらない仕事。 だから話題の人物を見本に描いて飾る。 できるだけ「旬」な人が望ましい。 今までぼくは幾つかのルールを持って見本のモデルを選んできた。 1.[子役は描かない] 成長して顔が変わってしまうからだ。 だから芦田愛菜ちゃんも鈴木福くんも描いていない。 2.[犯罪者は描かない] 描いた後に犯罪を犯すケースは仕方ないけど…。 佐村河内守も野々村竜太郎議員も描いてない。 3.[素顔が判らないほどのメイクをした人もNG] デーモン小暮も小梅太夫も鉄拳も描かない。 そう思っていたけど、ついにそのポリシーを破りました。 日本エレキテル連合の見本を飾ったら、大人も子供もおもいっきりウケが良い。 更に似顔絵とは関係ない「妖怪ウォッチ」のジバニャンまで描いて飾ってます。 すいません、他力本願です。

2014.10.01 日本は自然災害のデパート

東日本大震災以降、「今までに経験したことがない」というフレーズを何度聞いたことか。 3.11の地震&津波は確かに想定外の災害だったけど、その後様々な自然災害が続けざまに起こっている日本。 竜巻や豪雨の規模が確実に大きくなっている。 自然の猛威に集中的に狙われている感じだ。 自然はこういう災害を通して、日本に何を悟らせようとしているんだろう?  それにしても今年の雨の量は尋常じゃないよね。 カラカラの水不足で給水制限があった年もあるというのに、今年のように数日間で年間の降水量を超えてしまったり、なかなか心穏やかにさせてくれない自然。 先日の広島の土砂崩れといい、北海道の大雨洪水といい、水に悩まされる日本だね。 そして水だけじゃなく、活火山も多い日本。 先日の御嶽山の噴火は盲点だった。 登山ブームに警鐘を与えたんじゃないかな。 日本列島は自然災害のデパートだから、まだまだなにがあるか分からないよね。