Column (7月) 


TOP
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月  5月 6月

2014.7.28 二重構造のステンレス丼

二重構造になっているタンブラー・グラスを愛用している。 買って使い始めた頃に、その素晴らしさをブログにも書いた。 その丼版が売っているのは、ちょっと前から知ってはいた。 でも1個\2800くらいしていたので、ずっと躊躇っていた。 昨日、似顔絵の現場があるピオニウォークで、休憩中にいろいろ物色していたら、同じような二重構造のステンレス丼が1個\1000で売られていた。 「この値段なら」と2個衝動買い。 二重構造の真ん中が空気の層になっているので、温かいものは冷めにくく、冷たいものはひんやりを保てる優れもの。 早速、今日の昼に冷やしとろろ蕎麦を作って食べた。 二重構造なので表面に結露しない。 だからテーブルがびしょびしょにならないし、氷の量もいつもより少なくてすむのが良い。 1個\1000なら大満足です。

2014.7.23 結局、今年も猛暑だそうだ

最初の頃は、今年の夏はエルニーニョの影響で「冷夏」になる予報のはずだった。 それが先週の始め頃には「例年並みの暑さ」に変わった。 梅雨明けが発表された昨日になって、また予報が変わって、結局今年も「猛暑」で雨も少ない夏なんだそうだ。 ぼくは、ちょっと冷夏を期待していたので、「また今年も猛暑かぁ」と残念に思っています。 昔と比べると天気予報の精度はだいぶ上がってきたと思うけど、自然相手の長期予報っていうのは難しいものなんだね。

2014.7.17 みるみる視界が開けていく

ベランダ側の目の前にはテニスコートくらいの倉庫が建っていた。 一昨日から重機が入り、取り壊し工事が始まった。 建物は面白いほどあっけなく取り壊され、残ったブロック塀も短時間のうちに撤去され、視界が広がった。 瓦礫除去後はコインパーキングになるらしい。 始まった時は、いつ工事が終わるんだろう?と思っていたけど、もう明日明後日には完了しそうだ。 一軒家を建てる作業もそうだけど、最近の工事は建てるのも壊すのも、かなりスピーディーだね。 視界が広いことは、防犯上にもありがたいこと。 ただひとつ、駐車された何台もの車のフロントガラスに太陽が反射して、夏暑さが倍加するのが、ちょっと辛いな。 でも、今まで閉塞感のあった景色が一変したので気持ち良い。

2014.7.14 台風8号が去ってから猛暑が続く

エルニーニョの影響で今年は冷夏だと言っていたのに、最近になってあっさり冷夏の予報は覆された。 今年の夏は例年並みの暑さだと予報が変わった。 「例年」とは言うけど、ここ数年は猛暑が続いているから、猛暑が例年並みと言うことになるのかな?  今日は朝からムアッとする湿度にクラクラした。 先週の予報では今週いっぱい曇りの予報だったのに、気温は上昇するばかり。 クーラーは夜、寝る時だけと決めていて、昼間は窓を開けて過ごすのが、ぼくの例年の夏の過ごし方。 でもそれだと、机についた肘の辺りが汗ばんで、用紙が湿ってしまって難儀だ。 暑くても良いから、湿度だけは低くなって欲しいな。

2014.7.11 今年初のクーラー

今日は限界だった。 昨日の夕方から台風8号の接近に備えて、ベランダのサンダルやら鉢植えなどを部屋の中に移動し、強風対策をしていたんだけど、結局、関東地方は雨風の影響はなかったみたいだ。 今日は朝から台風一過の、雲ひとつない快晴。 ピーカンなのは良いけれど、気温がグングン上がって猛暑の様相。 湿度も高いから不快指数も上昇で、呼吸もしにくい感じ。 昼間は窓を開けて過ごしたけど、夜風呂から上がってからはもう耐えられなくて、今年初めてのクーラーを始動。 今年は何回クーラーを使うんだろう?

2014.7.08 色の好みと年齢と

この間、似顔絵のお客さんと話していて「子供顔」「大人顔」の話になった。 目と口の中央を結ぶ二等辺三角形が短いのが子供顔、長いのが大人顔と説明したら「色にも子供色とか大人色ってあるんですかね?」と聞かれた。 幼い子供はパステルカラーみたいな、鮮やかな色に「白」を混ぜた淡い色が好まれるけど、若い人はビビッドな色を好むようになる気がする。 勿論、好みは個人差があるとは思うけど、傾向としては成長のピーク近くでプレーンな原色を好むみたいだ。 そして更に年齢を重ねていくと、「グレー」が混ざった色が好まれる。 そんな話をした。 その後、気になって考えてみて、あるこじつけ的な説を思い付いた。 赤ちゃんはミルクの「白」を吸収して育つのでパステルカラーを、じぃじ&ばぁばは秋刀魚などのワタのような苦味や渋味を好きになっていくので、「灰色」が混ざったグレイッシュカラーを好むんじゃないかな? 濃いグレーが混ざった色を好む人ほど、苦労した人なのかも?

2014.7.04 カメの食欲が復活

毎年6月の上旬頃は、うちのカメの産卵期のようで、卵を産む準備なのか、何故か餌を食べなくなる。 今年は6月の初め頃から何も食べなくなって、いつもより遅いと思っていた。 4年前くらいから卵を産むようになって、その間際は餌を食べなくなり、やたらソワソワとざわつく状態になる。 最初の頃は何日かかけて14〜15個を産んだのに、去年あたりからはトータルで4〜5個くらいになった。 毎年この時期は心配になる。 病気なんじゃないだろうか?とか考えてしまう。 今年は、一昨日3個の卵を産んで、今日やっと食欲が戻った。 やっぱりペットは、餌をモリモリ食べてる姿が可愛いものだね。

2014.7.02 モラルがどんどん低下している?

現在、住んでいるマンションの管理理事員になっていて、抱えている問題に向き合っている。 まぁ色々な問題があるもんだというのが正直な感想。 そんな、ある意味で公な立場になって思うのは、誰からも後ろ指さされない透明性が大事だと思う。 そんな立場から最近のニュースを見ていると、あまりにもモラルを欠いた人が増えている気がする。 駄々っ子みたいな記者会見が問題になっている、兵庫県会議員の姿。 47歳にもなって、あんな姿を公に晒す当人の意識を、子供たちや若い世代はどう見るんだろう?  こんな大人を見て、情けなく思うなら良いけど、世の中を甘く見てしまったら日本は危ない。 駄々をこねれば許されるのか?  車の音がうるさいという理由で、自分の汚物を隣家に投げつけていた女も、かなりモラルを欠いている。 火事の緊急出動を飲酒を理由に無視した消防署員もそうだ。 最近、大人になりきれない大人が増えている気がする。 日本は大丈夫なのか?

2014.7.01 知り合いの中の出世株

人は生きていれば沢山の人と出会う。 何年後かに、その中の何人かがテレビに出ていて、近況を知ることがある。 ぼくにとって最初の身近な有名人は、「テレビチャンピオン」の紅茶王子だった。 彼は中学時代の同級生で、席も直ぐ後ろの席だった。 次が、2000年頃ある劇団の立ち上げに関わった時のメンバーに、テレビや映画のエキストラをやっている人も何人かいた。 その中で、今もCMのレギュラーで出ているのが、「ビオフェルミン」で蒼井優と一緒に出ている、ビオフェルミンの会社の研究員役の彼(有瀬賢治)だ。 そして最後は、最近テレビで知りネット検索で確認した、「背が高くなる靴」で知られる会社の会長(針生達也氏)だ。 活躍する姿をテレビや雑誌などで見かけると、みんな頑張って生きているんだなと思って、ぼくも励みになります。