Column (8月) 


TOP
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月

2013.8.29 じぇじぇじぇで倍返しだ!

今のところ、今年のドラマの話題は2つで決まりだろう。 『あまちゃん』と『半沢直樹』。 ストーリーや役柄設定も重要だろうけど、決めゼリフが流行ることは人気ドラマの必須条件の一つかも知れない。 銀行や金融関係は馴染みがない世界なのに、分かりやすくスカッとする展開が小気味良い『半沢直樹』。 その理由の一つが、敵役の演技の上手さだと思う。 小憎らしい存在が逆転劇を高揚させてくれる。 そして、なんと言っても『あまちゃん』の、懐かしさとタイムリーな世界観が次の回を待ち遠しくさせる。 '80年代と現代を描き展開される物語で、現代が2009年あたりから始まったのは、クライマックスで「震災」を描きたかったんだろうな。 美術セットから小道具、タイトル曲や劇中のアイドルユニットの歌詞など、細部に至るまで丁寧に作られている『あまちゃん』。 天野春子の役名でリリースされる『潮騒のメモリー』や、アメ横女学園の『暦の上ではディセンバー』を歌う実際のアイドルユニット「ベイビーレイズ」あたりは、今年の年末の「NHK紅白歌合戦」に必ず出演するんだろうな。 それくらい今年を象徴するドラマだと思います。

2013.8.26 藤圭子さんの死に同情

藤圭子さんの自殺報道に注目してしまう。 波乱万丈の人生に、生きにくい繊細過ぎる性格が形成されてしまった生い立ちを思います。 様々な報道により明らかになる、他人を信用できない藤圭子さんの性格は、小さい頃から培われてしまったものなんだろう。 芸能界は眩しい光が強ければ強いほど、影は濃くなるものなんだな。 安室奈美恵や後藤真希なんかもそうだけど、名声が上がると共に濃い影という不幸がついてきてしまう悲しみ。 ぼくの母親も昔から精神的に脆いところがあって、しかも母、両親に対して恨みを抱えていたことから、他人を信用しない性格だった。 だから藤圭子さんの死は、他人事とは思えない気持ちで見ています。 今でこそ「レビー小体型統合失調症」という症状が明らかになっているけれど、それまでは誰に相談しても理解されることはなかった。 実の母親を理解できない部分を抱えながら過ごした、宇多田ヒカルの気持ちを、なんとなくぼくは思い図ることができる気がするな。

2013.8.21 今ハマってるベーコンマリネサラダ

よく行く惣菜屋さんの「ベーコンマリネ」が好きで、行くと必ず買っていた。 メインの食材は玉ねぎで、スライスされた玉ねぎにベーコンが少し、人参ときゅうりとキャベツの千切り、レタスがほんの少し入っている。 それらを甘酸っぱいマリネ液で漬けてある。 これって自分で作れるんじゃねと思って、まずはスーパーのドレッシング売り場で、「マリネ液」の原材料表示で材料を確認。 それによると、酢とレモン汁と砂糖と塩コショーくらいで良いみたい。 あとは味見しながらマリネ液を調合していく。 一番最初は味を決めるのに時間がかかったけど、食材に漬けた後にも味が変わることを知ってからは、味を決める調合時間は短くなった。 せっかく自分で作るんだから、きゅうりやベーコンなどの具材は多めにしたい。 コーンやパプリカなんかも加えて、豪華なマリネサラダが完成しました。 酸っぱいマリネサラダは夏バテ防止にも最適です。

2013.8.16 夏バテかと思ったよ

ぼく自身のことではなくて、飼っているカメの話。 先週1週間ぜんぜんエサを食べなくなって、常にソワソワしていたから、ちょっと心配になっていた。けど一昨日タマゴ(無精卵)を産んだ。 なんだ、そうだったのか。 いつもなら6月頃に産卵するはずなのに、今年は産まないのかなぁと思っていた。 もう産まない歳になってしまったのかな?と思っていたら、1個産んでいた。 例年は1日に6〜7個を3日間くらい、計18〜21個くらい産むんだけど、一昨日と昨日と今日で計3個しか産んでいない。 これからまだまだ産むのかな?  とにかくタマゴを産んでからは、ちゃんと毎日エサを食べるようになったので、取り敢えずは安心はしたけどね。 カメにとっても猛暑は辛いだろうな。

2013.8.15 猛暑の中、引きこもり生活

5cmほどのフィギュア作りの仕事で、猛暑の中では集中しにくいので、クーラーをかけた部屋で、この1週間ずっと朝から晩まで作業していた。 冷房の効率を考えて遮光カーテンを引き、テレビをつけっぱなしでヤスリがけや彫刻をしていたのです。 始めは猛暑日ではなかったから、窓を開けて扇風機で作業していたんだけど、腕の下の図面が汗でビショビショだったことがあり、これはクーラーが必要だと観念した。 閉じ籠った部屋の状況を客観的に見たら、それこそニートの引きこもりと変わらない状態。 単純なキャラクターでもサイズが小さいと作業項目はかなり多くなり、細かい作業ばかりになる。 地道な繰り返しの単純作業が続くので、腱鞘炎のような症状にもなってしまった。 この1週間は、似顔絵の仕事とゴミ捨て以外は、一歩も外に出ていない生活。 時々の気分転換は、テレビとインターネットくらいだった。 今日、納品してやっと一息ってところです。

2013.8.08 今夏は冷房代が心配

猛暑日が続いている。 さすがに昼間はクーラーを使わず、遮光カーテンを閉めて窓を開け、扇風機でなんとか過ごしている。 今抱えている仕事は立体物なので、作業場所は問わない。 だから窓辺でテレビを見ながら、カッターで彫刻したりヤスリがけしたりしている。 でも昨日今日は、夜になっても涼しくならず湿度も高いので、いつもより早い時間からクーラーをかける状況が続いている。 明らかに例年に比べて今年は、クーラーを使う頻度が多くなっている気がする。 電気料金が上がったばかりなのにこれじゃ、冷房代が心配だよ。

2013.8.01 約1年半ぶりの休肝日

今週の月曜日の夜、おもちゃ会社時代の同期の人が、某玩具メーカーの常務に昇進したということで、当時のメンバー約20人が集まっての飲み会があった。 ぼくは子供の頃から節目節目で引っ越しがあったので、「クラス会」というものに出たことがない。 だから初めてのクラス会のようで、気恥ずかしいやら懐かしいやら楽しいやら、複雑な感じだった。 企画開発職の人間って、常に複数のアイテムを抱えてアイデアを考える癖がついているから、気の効いたジョークがバシバシ出てくる出てくる。 それはもう感心してしまうほどで、酔いながらも頭を働かせている状態でタジタジ。 スタートして15分くらいなのに、もう3時間くらい飲んだ後の2次会の雰囲気。 翌日の火曜日は丸1日二日酔いで、さすがに毎日アルコールを欠かさないぼくも、この日は休肝日にした。 そして昨日の水曜日も、せっかくだからと酒を控えて、休肝日を2日間にした。 休肝日なんて実に1年半ぶりでした。