Column (7月) 


TOP
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月  5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月  5月 6月

2013.7.27 東西向きより南北向き

前に住んでいた部屋は東西に向いていて、ベランダが真西を向いていたから、西日がモロに入ってきて、夏の暑い日は地獄だった。 しかもアパートの2階だったから屋根と部屋の間が薄くて、夏の暑さが冷めにくい環境だった。 酷い時は部屋の中の温度が50℃以上にもなったんじゃないかな? 炎天下に駐車した車なみの状態だった。 今の部屋は鉄筋作りのマンションなので、太陽の熱を遮ってくれるし、部屋の向きが南北を向いているので、真夏でも北風が入ってくる時があり、過ごしやすい。 ただ空き巣とか強盗とかも比較的に多いので、防犯対策は欠かせない。 治安が安心できるなら、夏の夜もベランダの窓を開けたまま寝たいところだけど、それはちょっと心配なので、無防備にはできない。 でも、東西向きより南北向きの部屋のほうが、多少は良い気がするね。

2013.7.24 初めての花火大会中止

昨日は葛飾区の花火大会の日。 もう10年くらい、ぼくが中心になってメンバーを集い、花火見物をしてきた。 その間には小雨の中で花火を見たことも一度だけあったけど、中止になったことは今まではなかった。 昨日は午前中に1人で柴又の河川敷に行き、約10人分のスペースを確保した。 その後自宅に戻りテレビを見ていたら、15:00頃渋谷では大雨になっているニュースが放送された。 ぼくの住んでいる地域は、遠雷の音は時々聞こえるものの、雨は降っていなかった。 葛飾区のHPを17:00まで確認して、「開催します」となっていたので、ぼくも家を出て集合場所へ。 ところが集合時間ジャストに大粒の雨が振り出し、雷まで鳴り出す天候の急変。 新柴又駅前でしばらく待機していたら、打ち上げ予定時間の19:20頃、警察官が「花火大会は中止になりました」という発表。 仕方なく集まったメンバーでぼくの家で、ただの飲み会になりました。 会場の混雑警備に、あの「DJポリス」が出動して活躍したと、夜のニュースで知った。 幸いだったのは混雑に巻き込まれなかったこと。 10年間で花火大会の中止は初めてですよ。

2013.7.19 「あまちゃん」のテーマ曲

(ぷぺぴぺぷぴぽ、ちゃーちゃーちゃーちゃ、ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ)、♪ずちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃらちゃら、(んちゃんちゃんちゃんちゃ)(ふきゅーわんわん)、♪ずちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃらちゃら、(ぷわぷわぷわぷわちゃからっちゃすちゃすちゃすちゃ) 最近この曲が頭から離れないです。じぇじぇじぇ!

2013.7.15 気持ちの良い真夏日

今日は久々に気持ちの良い1日だった。 昼間は窓を開けて扇風機だけで過ごし、夜寝る時だけタイマーでクーラー(29℃に設定)を使っている毎日。 13日(土)は異常に湿度が高くて、風も全くないので汗が乾かないから、まるでラップに包まれたみたいな不快な1日だったけど、今日の気候は清々しく心地良かった。 東京では最高気温35.1℃のところもあったという真夏日だったけど、湿度が30%だったということが、カラッとした気持ち良さを連れて来たんだね。 お昼に部屋の温度計を見たら32.1℃あった。 32℃あっても湿度さえ低ければ、不快感はあまり感じないんだね。 今日みたいな日が続けば、寝るギリギリまで窓を開けて過ごし、寝てる間だけの最低限の時間にクーラーを使う方法でいけるのになぁ。 そう簡単には、自然は赦してくれないね。

2013.7.13 サッシのガラスを割っちゃった!

今日からカメの水槽にフィルターを着けようと、いつものようにベランダで掃除を始めた。 作業中に、座っていたキャンプ用の折り畳みパイプ椅子の布が突然破けて、バランスを崩し尻もちをついたとき、サッシに寄りかかるような体勢になって、背中で「バリン!」と大きく割ってしまった。 幸い細かく割れなかったので、腕のかすり傷程度で済んだ。 すぐにケータイで近隣のガラス屋さんを調べ、電話して来てもらった。 エンボス付きのすりガラスだったけど、全く同じものではなかったが、似たようなガラスで1時間ほどで取り換えてくれた。 腕の傷はそれほど痛くはないけど、突然の出費(8100円)はかなり痛かったなぁ。 

2013.7.11 カメ用水槽フィルター

思えば約13年近く、冬場以外はほぼ毎日、汚れた水を取り換えるためカメの水槽掃除をしてきた。 体長が大きくなるにつれて、水の汚れもサイクルが早くなってきて、最近では取り換えたそばからもう濁ってしまう。 水槽掃除はいつもベランダの隅でやっているんだけど、排水溝が隣とつながっているので、汚れた水が隣の方に流れていかないように、境界にパッキンとレンガでダムを作った。 汚れた水を濾過するために、100円ショップで買ったザル2個の間にキッチンペーパーを挟み、それで濾して流していた。 その作業が毎日となると、不毛感というか徒労感というか、面倒臭い気持ちでいた。 これは専門家に訊いてみようと、ペットショップで色々訊いてみた。 結局、水槽の浄化フィルターを買うことにした。 フィルターの交換は3週間〜1ヶ月と言っていたけど、毎日あんなに汚れていた水で1ヶ月も保つのかな?

2013.7.08 ゲリラ豪雨の空模様

トイレから出てきたら、それまでの快晴が一転、辺りが薄暗くなっていて、空がゴロゴロ鳴っていた。 みるみる暗さが増し、本格的な雷がやって来た。 うちのベランダ側の窓は、高さが180cmくらいで横幅が4mほどある。 住宅密集地ではないので、窓の半分弱は空。 この窓で本格的な稲妻を見るのは初めてだ。 大パノラマの稲妻は迫力があり、ちょっと怖かった。 数分後、雨音がポツポツからパラパラに変わり、更にシャー!からザァー!に変わり、あっという間に中景のビルを隠してしまう雨量。 次第に雨粒が大きくなっていく。 もう、台風のような景色。 窓ガラスに何かが当たる音に「?」と思っていると、まさかの雹だ。 雷も近づいて、遠いゴロゴロだった雷鳴が、間近のバキバキバキという、恐怖感を煽る大音響。 この変化が僅か30分ほどの間の出来事。 その後は、何事もなかったかのような、トイレに入る前の状態。 自然は人間がコントロールできないものなんだなぁと改めて感じた。

2013.7.06 鉄道3本の沿線生活

小学生の頃に住んでいたところは、集合住宅のすぐ裏に線路があって、小さな踏切があった。 単線だったから電車が交差することはなかったけど、テレビの声が聞き取れないことが多かった。 当時はテレビの前にラジカセを置いて、歌番組などを録音していたんだけど(時代が分かる)、いいところで踏切がカンカン鳴り出すと、いつも落胆していた。 今住んでいる家は、3本の鉄道が走る沿線に位置している。 それぞれ上下線があるから、日中は約1分に1本の割合で電車が通過する。 鉄道ファンなら垂涎な環境かも知れないけど、あいにくぼくは鉄道には全く興味がないので、迷惑でしかない。 録画したドラマを昼間にチェックしようものなら、通過の度に一時停止ボタンを押すか、画面に超近づいてセリフを聞き取るしかない。 もしくはイヤホンで観るしかない。 この立地がメリットになることってあるのかな?

2013.7.05 男女の性質の違い

人は何かしら、その人なりのこだわりがあるもの。 カエルの置物やキャラクターばかりを集めたり、鉄道マニアだったり、いろいろだ。 だけどおおざっぱに分けると、女性はある特定のものを集める傾向にあり、男性はある世界観のものを集めたがる傾向があるようだ。 キティちゃんばかりを集める女性。 警察グッズを収集する男性。 勿論、どんな世界にも例外はあるけど、大まかな分類では、それが男女の性質の違いなのかも知れない。 「恋愛」に対する男女の違いを、ある本で読んだことがある。 何も無い真っ白な部屋ある。 男性はそこに、自分の気に入った絵画を幾つも飾りたいらしい。 それに対して女性は、大好きな音楽を流したいという。 絵は複数飾れても音楽は同時に何曲も流せない。 男は結論を出したがり、女はただ話をしたい。 男女間では、その「違う」ということを理解する必要があるんだろうな。

2013.7.03 最近、ひとつの事しか出来なくなった

おもちゃ会社時代は、常時3〜5アイテムくらいの商品企画を抱えて、同時進行していたのに、最近はひとつの仕事が終わらないと次に行けなくなってしまった。 似顔絵がそういうものだからかも知れない。 抱えている時間は短くなった。 最近は似顔絵の現場に写真を持ってきて、「写真から」似顔絵を描くことが多くなってきている。 その場合、お客さんの都合が許すなら写真を預かり、1週間後にお渡しすることを奨励している。 その方が丁寧にっくり描けるし、現場では席描きのお客さんに専念できるからだ。 でも持ち帰る「写真から」の宿題が多くなり過ぎると、これがまたプレッシャーになってくる。 ただ「写真から」は売り上げ的に嬉しいものなので、正直ありがたい。 ひとつひとつ心を込めて仕上げていこうと思っています。

2013.7.01 「ノンフライヤー」がやって来た!

1ヶ月前に注文していた、PHILIPSの「ノンフライヤー」が今日やっと届いた。 半分忘れかけていたよ。 外観のフォルムは未来的なんだけど、温度設定がダイヤルだし、タイマーもオーブントースターのようなアナログ式。 おまけに時間がくると「チーン!」と教えてくれる音も懐かしいもの。 「空気と熱の高速循環技術」と謳っているけど、構造的に時間や温度設定の表示をデジタルに出来なかったのかな?  早速スーパーでメンチカツを買って来て温め直しをしてみた。 調理済みのものの温め直しは、直に調理する時間の半分以下で良いみたいなので、150℃の4分で試してみた。 なるほど衣がサックサクになる。 電子レンジで温めるより、フライや天ぷらの温め直しにはこっちの方が適している感じだ。 ただ、空気と熱を竜巻のように対流させるからか、思っていた以上に音が大きいのが、ちょっと気になったかな。 でも、これから色々と試してみるのが楽しみです。